蓼科で別荘・中古別荘の購入や売却ならお任せください!

ブログ別荘生活

中古別荘リフォーム~ウッドデッキの組み立て編~

2023年08月17日

蓼科・白樺湖のお天気情報
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ 8月17日(木) ◇◆◇
☆今日の天気:曇り一時雨
★今日の最高気温:25℃
☆今日の最低気温:18℃
★明日の天気:晴れのち曇り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2023/8/17■□■

中古別荘リフォーム~ウッドデッキの組み立て編~

 

本日は晴れたり、曇ったり、雨が降ったりと不安定な天気の一日でした。

 

さて今回は、7月15日にアップしたブログの続き。(前回の内容はコチラ

2階デッキ(デッキというか花台の様な物です)の加工から取り付けまでを一気に紹介します。

 

はじめに方杖を加工します。

ルーターを使ったり丸ノコを使ったりしてこんな形に加工します。

「相欠き」という継ぎ方なのだそうです。

① (1)

 

 

加工が終わったら組み立て。

① (2)

 

 

こんな感じに組み上がります。

① (3)

 

 

加工場で大まかな塗装を施して現地へ!

① (4)

 

 

加工した方杖を建物の太い柱が入っている場所へ取り付けます。

取り付けたら下の写真のように糸を使って墨出しをして「出」の長さを揃えます。

① (5)

 

 

「出」を揃えたら細部の塗装を行います。

① (6)

 

 

続いて前框(まえかまち)を取り付けます。

この取付けには「胴付き」という継ぎ方を使っているそうです。

① (7)

 

 

そして手摺を取り付け。

手摺の継ぎ方は「ホゾ継ぎ」で行います。

① (8)

 

 

落下防止を施して完成です!

① (9)

 

 

引きで見るとこんな感じ。いい感じに仕上がっています!

① (10)

 

 

デッキを造るだけでも色んな継ぎ方をしているんですね。

工程を順番に見ていくとよく分かりました。

 

次回は1階部分のデッキ取り付けを紹介したいと思います。お楽しみに~

 

(お)

物件情報配信サービス ご登録はこちらから
リゾートメンテナンスへのお問い合わせ

お問い合わせ

0120-184-224

受付時間 9:30〜17:00
株式会社リゾートメンテナンス
長野県小県郡長和町大門3518
pagetop