蓼科で別荘・中古別荘の購入や売却ならお任せください!

小屋暮らし

12 外壁用の焼き杉作り

今日は、チビッグの外壁に使うための焼き杉を作る作業です。
今日は休日です。

 

 

 

今日は焼き杉を焼きます。

 

 

 

今日は35℃です。

 

 

 

休日出勤\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

求む!!!そこのドMなあなた

ぜひリゾートメンテナンスへ履歴書送ってねヾ(*ゝω・*)ノ

 

 

 

なぜチビッグの外壁に焼き杉を使うか?

 

 

焼き杉というのは、表面が炭化するほどに焼き焦がした外壁用の杉板で

 

とくに岡山など、西日本の瀬戸内でよく用いられています。

 

なんでも、船の底を防水性を高めるために焼いたことがはじまりだとか。

 

 

 

 

つまり耐久性、耐水性アップのために

 

 

 

 

焼 く ん で す !!!

 

 

 

 

(T)(それにしても35℃の炎天下で休日に木を燃やす仕事とか、、、

ワテ、前世でなんか悪いことでもやらかしましたかいな/(^o^)\!!!!)

 

 

 

 

 

 

まずは板を運びます。

 

 

 

IMG_7896_R

 

というわけで、こちらが外壁用の杉板です。

 

_6

 

木の裏面、木裏(きうら)を焼きます。

 

 

3枚の杉板を合わせて、底面が正三角柱になるように紐でしばります。

 

これで板が煙突状になります。

 

IMG_7900_R

 

そこに丸めた新聞紙を詰めます。

 

IMG_7922_R

 

 

外の焼き場にさきほどの板をたてかけて、新聞紙に火を点けます。

 

 

IMG_7936_R

 

 

 

 

いざ、着火!!!!!

 

 

 

 

 

中で上昇気流が生まれて、煙が噴出

 

 

 

 

 

どえりゃーことになっとるがね!!(゚ロ゚屮)屮!!!

 
↓焼いている動画がこちら↓

(もちろん、消防に届出は出しています☆)
そして数分後

 

 

 

ばらした板はすぐに水をかけて消火します。

 

 

 

 

火消し係のMちゃん、がんばれーーーー(>∀<)/ !!!

 

 

 

IMG_7919_R

 

 

 

そして、消火を終えた焼き杉さんたち。

 

 

焼き杉

 

グリーンと焼き杉の黒のコントラストがとってもきれいでしょ(*´艸`*)

 

 

自然の色彩に感動した、夏の一日でした☆

(T)

 

リゾートメンテナンスってなに?詳しくはこちら
リゾートメンテナンスへのお問い合わせ
pagetop